女医とナース

京都で麻酔を利用した無痛分娩を行うために

妊娠中の食事に必要なこと

妊婦

妊娠中の食事メニューで必要な栄養素と注意する食べ物

妊婦になると、自身が食べた物が直接赤ちゃんに影響を与えるため、食事に気をつける必要がでてきます。大人には耐えられる添加物や保存料などでも、胎内の赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう場合があります。そのため、食事の際はなるべく外食や出来あいの惣菜などを控えることが大切となります。添加物などが加わることがなく、自然のものを調理した食生活を意識するようにしましょう。妊婦さんの食事はバランス良く食べる事が必要です。妊娠前・妊娠初期にも大切な葉酸、妊婦に不足しやすい鉄分・カルシウムが含まれるものを摂取するようにすると効果的です。他にも、食事の際は過度に塩分を摂りすぎないようにしていきましょう。つわりが出始める時期になると充分な食欲が出ず、適切な食事を摂るのが難しくなることがあります。うまく食事が取れない時には食べたい時に食べるようにし、栄養分となるたんぱく質と一緒に、鉄やカルシウム、食物繊維を含んでいるものを食べるようにしていくといいでしょう。また、妊娠中はアルコールやカフェインを控えるようにすることが重要です。アルコールは胎児に障害を引き起こす可能性があるとされていて、カフェインの場合は流産や死産を引き起こすリスクなども出てきてしまいます。

妊娠中に摂るようにしたい食べ物

妊娠中の食事に積極的に取り入れていきたい食べ物として、まず緑黄色野菜があげられます。緑黄色野菜に多く含まれる葉酸は、胎盤の細胞増殖に必要なDNAの合成を促してくれます。胎児の成長に必要不可欠な栄養素となるため、葉酸が多く含まれる緑黄色野菜を積極的に摂るようにしましょう。ほうれん草などは葉酸も多く含まれていて、妊婦に不足しがちな鉄分なども補給してくれるためおすすめです。他にも妊娠中は体調が整わずに便秘になりやすいことがあるため、整腸作用のあるヨーグルトも効果的です。ヨーグルトにはカルシウムも多く含まれるため、赤ちゃんの骨や歯の形成も手助けしてくれます。