女医とナース

京都で麻酔を利用した無痛分娩を行うために

不妊治療の助成金

カップル

不妊治療にかかる一般的な費用

不妊治療には色々あり、妊娠率が高い方法としては体外受精、顕微授精が挙げられます体外受精は。女性の身体から卵子を取り出して、採取した性器と容器の中で受精をさせた後に、その受精卵を女性の体内にもどすといった方法です。また、顕微授精は、顕微鏡下で卵子の中に直接精子を挿入させるといった方法になります。体外受精はかかる費用なども治療方法によってまちまちですが、妊娠率が高いとされる体外受精や顕微授精には、一般的に30万から50万ほどの費用がかかってしまうことも多いです。

国が定める不妊治療の助成金

昨今は10組に1組が不妊で悩んでいるとされていて、大阪でも不妊治療を利用している方も増えています。子供ができなくて悩んでいても、金銭的な問題からなかなか不妊治療が難しいという人も多いでしょう。そういった場合、住んでいる都道府県で不妊治療費助成金精度を行っているため、利用するようにしましょう。この不妊治療費助成金制度は明確に周知されていない都道府県も多いですが、各都道府県で実施されています。この制度は国が定めて各都道府県で行われている制度となるため、大阪でも、大阪市などでこの制度が導入されています。都道府県によってどういった不妊治療に助成金がでるかなどは変わってくる場合がありますが、大阪の場合は主に体外受精や顕微授精が対象となります。大阪には国が定めている他にも独自の不妊治療に対する助成金制度などもあるため、お住いの地域にて確認してみるようにしましょう。