医者

京都で麻酔を利用した無痛分娩を行うために

ピックアップコンテンツ

無痛分娩を利用しよう

出産の痛みを軽減できる無痛分娩

出産にはすごい痛みが伴い、また苦しいものだと考えている人は多いでしょうが、最近では無痛分娩というものがあります。無痛分娩は麻酔薬を利用することで、痛みを緩和することができるようになっています。痛みを全く感じなくなるわけではありませんが、母体への体や心の負担が少なく、また母体の回復も早いといったメリットがあるため人気です。京都にも無痛分娩を行える産婦人科は多数あるため、京都で産婦人科を探す際は、無痛分娩が行えるかどうか確認してみるといいでしょう。また、中には緊急時などのために24時間対応している産婦人科などもあります。陣痛は日中深夜問わず起こってしまい、いつ出産のタイミングがきてしまうか予想するのは難しいです。そういった事を考えると、24時間対応している産婦人科は安心できるでしょう。しかしながら、産婦人科は24時間対応していても、麻酔医が夜間や休日は常駐していない場合などもあります。その場合は無痛分娩は行えず、普通分娩になってしまうこともあるため、注意が必要です。

無痛分娩に使われる麻酔の種類

無痛分娩には麻酔が利用されますが、一般的にこの麻酔は硬膜外麻酔と点滴麻酔の2種類があります。硬膜外麻酔は、背骨の脊髄のあたりにチューブを入れて、チューブを通して麻酔薬を投入する方法となります。麻酔の効果が高く、また胎内の赤ちゃんへの影響も殆どありません。そのため、海外では一般的な方法として確立されています。点滴麻酔はその名の通り、点滴をするのと同じように静脈から麻酔薬を投入する方法です。事前の処理は硬膜外麻酔よりも簡単に済みますが、無痛分娩に比べて眠気が強くなってしまいます。無痛分娩を検討される際は、産婦人科にどちらの麻酔薬が使われているか確認しておくと安心です。

NEW POSTS

妊娠中の食事に必要なこと

妊婦

妊婦の食事というものは、自身の身体ではなく赤ちゃんにまで作用してしまうため注意する必要があります。胎児に危険とされるものを避け、積極的に成長を促す食材を摂っていくようにしましょう。

不妊治療としての鍼灸

鍼灸

不妊治療の一つとして、最近は鍼灸院で行える鍼灸による不妊治療が注目されてきています。身体のツボを刺激して、妊娠しやすい身体に改善していくことを検討してみてはいかがでしょうか。

不妊治療の助成金

カップル

大阪で効果が高い不妊治療の一つとして体外受精や顕微授精などがあります。しかしながら医療費は高額となり、中々受けるのが難しいといわれています。そういった不妊治療を行う際に、国から助成金が降りることがありますので利用するようにしましょう。